ユーザに配慮したSEO対策

SEO対策において、ユーザビリティを向上させることはとても大切なことです。

ユーザーの利便性が高めることで、コンテンツの滞在時間を延ばすことに繋がるだけでなく、サイトの信頼性も高めることができます。ユーザーの利便性を意識した記事作成には、いくつかのポイントがあります。それは、リンク切れをなくすこと、ページの表示速度を高めることなどがあります。リンク切れの場合、URLをクリックしたときに表示されないとしっかりと管理されているサイトではないと判断されてしまい、サイトの評価が下がるだけでなくSEO対策においてもあまりいいとは言えません。リンク切れを防ぐためには、定期的にリンクを設置しているページの確認をすることが大切です。

また、リンク先が表示されない場合は、そのリンク自体を削除する必要もあります。ユーザーの利便性を高めてSEO対策していくには、ページの表示速度を向上させていくことも大切です。速度をはやめるためには、AMP対応にすることが最もよく、利用者にストレスを与えないサイト運営をしていくことができます。しかし、AMP対応が難しい場合は、画像やCSSファイルのサイズを圧縮させてコンパクトにさせる方法やブラウザのキャッシュを活用してリクエストされる数を減らすなどの方法をとることによって利便性の向上をすることが可能です。検索エンジンでの上位表示を狙う場合には、欠かせないことなので実践するようにすることが重要になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *