一度サイトを訪れた人に表示するリスティング広告

ネットユーザーは、検索エンジンを使って様々な情報を検索しており、検索ワードによって表示されるリスティング広告は、幅広いユーザーから特定のターゲットまで様々な対象者に対してネット広告を配信する事が出来る仕組みです。リスティング広告には様々な配信方法がありますが、一度サイトを訪れた人々に対して、再度サイトを訪れた際に表示するといった配信方法に設定する事も出来ます。この配信方法は、幅広いユーザーに対して広告配信を行う事ができ、検索エンジンで検索を行って表示されたリスティング広告などから経由してランディングページを訪れた人々が再度訪れた際に広告を表示出来ます。ランディングページを訪れたユーザーは、商品やサービスに関する詳しい情報を得る事が可能になります。

購入や申し込みに繋げる事が出来れば、コンバージョン率が向上し、売り上げに貢献出来ます。リスティング広告では、広告主が広告の料金を設定する事が出来るようになっており、効果の高い広告に対しては単価を上げ、宣伝効果の低い広告に対しては単価を下げられます。状況によって、広告の配信方法や消費者へのアプローチ方法を変更でき、最も効果の高い配信方法を探れますので、企業には、宣伝費用を最小限にしながら、アプローチしたい顧客に対してのみ広告配信を行えます。ネット広告は、ただサイトに表示しておくだけでは効果は期待出来ませんので、使い方を考慮して活用していく必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *